取得費用の目安

車を買う時は車本体の価格の他にもお金が必要です。
大まかに分けると、税金や保険その他の手続にかかる諸費用が必要となってきます。
まずは税金です。
車本体の価格は金額が大きいので消費税の額も大きくなります。
毎年4月に都道府県に自動車税を払います。
自動車税は排気量や自家用か事業用かによって金額が変わります。
自動車取得税は50万円以上の価格の車に対して払う税金です。
取得価額の5%(軽自動車は3%)が自動車取得税です。
自動車重量税は車両の重量に応じて課税されます。
普通車は、毎年車重0.5トン毎に5000円、軽自動車は3800円/年となっています。
次に保険料です。
自賠責保険(強制保険)料は車の所有者が必ず加入しなければならない保険です。
また、自賠責保険だけで足りない場合があるので任意保険に加入するのが一般的です。
その他諸費用としては車庫証明(代行)費用が必要です。
申請の手数料と印紙代含めて13,000円前後です。
納車費用は自宅まで車を届ける際に掛かる手数料です。
10,000円前後掛かる場合が多いです。
検査・登録・届出(代行)費用はナンバー取得を代行する際に掛かる手数料です。
代行料として10,000から20,000円、印紙代として2,000から4,000円程度です。
リサイクル法関連費用として、シュレッダーダスト料金、エアバッグ類料金、フロン類料金などがあります。
大体合計10,000円前後の場合が多いです。
これらを合わせると、一般的な新車で20万円前後の取得費用がかかってきます。

コメントは受け付けていません。