車検費用はなぜ高いのか

車検を受けるとき必要となる金額は車のサイズによっても異なりますが概ね10万円くらいでしょう。
内訳は、自賠責保険、自動車重量税、検査代などの法定費用と言われるものがほとんどです。総額から法定費用を差し引くと整備工場の取り分は意外に少ないことに気が付きます。
昔は、法定費用を整備工場が立て替えて、引き渡しのときに全額をユーザーに請求していたため、ユーザーは整備工場はお金を取り過ぎているのではないかという不信感を持ちました。そのため、現在は、事前に税金などの金額をユーザーに支払ってもらい、最後に整備工場の取り分を支払う形式になりました。

ディーラーなどの整備工場では定期点検も含まれた金額のため、検査以外の金額も含まれています。不要な作業を行いお金を取っていると考える人もいますが、法律により定期点検を実施しなければならないため、そのようなシステムになっています。

国は自分の車は自分でメンテナンスをするように定めています。しかし、実際は自分でメンテナンスを実施できない人が多いため整備工場に依頼するようになっています。
もし、お金をかけたくない場合は、ユーザーが国の検査場に持ち込む方法があります。これが一番安く済ませる方法です。

コメントは受け付けていません。