保険加入に必要な費用

自動車購入と共に様々な費用の負担があります。
自賠責と言われる、自動車賠償責任保険は自動車購入をすると所有者もしくは使用者が必ず加入しなければならないもので、略して自賠責と言われることが多いでしょう。
乗用車が新車から3年間で34,600円で軽自動車が新車から3年で30,170円となっています。
自賠責は任意加入ではなく強制加入であり、万が一、交通弱者に対して被害を与えるような事故を引き起こした場合、賠償責任が任意加入であれば、任意の補償が加入していなければ、被害者に対して補償出来ないことがあります。
自賠責は自動車に与えられた賠償の責任であり、路上で走行する車に加入が義務付けられており、当該車両の所有者と使用者のどちらかが必ず車検時に支払う義務があるのです。
当然、人身事故や多くの車両を巻き込む事故を引き起こせば、自賠責のみでその補償額をカバーできないことがあります。
自賠責はあくまでも車両に最低限の責任として与えられる補償であり、必ず十分と言って良いものではなく、任意で上乗せの補償を付加することが、一般的な安心できる方法でしょう。
ただし、自賠責で負担した費用は、車検が残っている状態で、車を売却及び処分すれば返還される費用です。

コメントは受け付けていません。