1台の車にかかる費用は計算シミュレーションを忘れずに

地方においては自動車は生活に不可欠にものとなっていますが、都心に近いところでは、商売として物の配達や仕入れなどで使う必要がある以外は、公共交通機関やタクシーなどが整備されているため生活に不可欠とは言い切れない面があります。
しかし、都心の日常生活でも、買い物で重いものを運ばなければならないときや時には急病人対応とか郊外のビックショッピングセンターに出かけるときなどは車があると便利ということは紛れもない事実です。
若い人たちもそうしたことがあるので、マイカーを求めるわけですが、買う前に一台の車にかかる費用の計算シミュレーションをしておくことをお奨めします。
なぜなら、その費用は存外高いものだからです。
まず、最初に必要なのは駐車場代金です。払わなくても良い敷地があればいいのですが、通常は1万円から2万円、高いところではもっと必要になります。次に保険が結構かかります。自賠責保険は2年間で3万円弱ですが省くことができませんし、任意保険料も普通で年額で安くても2万円、車両保険に入れば約倍近くなります。そしてガソリン代が走行距離で異なりますが、月額5千円として、それに車検代も定期的に必要になります。
最低でも月3万円くらいが出ていきます。タクシーを利用した方が安上がりというような結果にもなりかねません。
まずは、使う目的や頻度、走行距離、乗車する人の数などを見積もった上で、およその費用を掴むことが肝要です。

コメントは受け付けていません。